10月のもとで

モスクワから

戦争する国の新聞の一面トップ

戦争する国の新聞の一面トップは、「ロシアの英雄だ」
大衆紙だが。
シリアで戦死した兵士の身元がわかった、と写真付きで報じている。
戦争する国とは、こういう状態。
ひどく気味わるいと感じる自分の感覚を、正常と思いたい。
ロシアでは30年代、無実の罪で何百万人が殺された。命の価値はひどく軽かった。いまは、ちょっとは重くなったのだろうけど、それでも、まだ軽い部分は残っている。
それでひとつ思いついた。進んだ国、とは命の価値が高い国なんだろう、と。
死刑を残してる日本は……。戦争する国のロシアには、死刑制度はない(その代りに、暗殺があるのか?)

過去70年、戦死者がひとりもいないのと、新幹線事故死者がいないのは、たぶん誇っていいのだろう。あかん、ナショナリストになってる?