10月のもとで

モスクワから

分裂症にはなりたくない

分裂症にはなりたくない。でも。

 

ルーブルが史上最安値を更新した。

悩んでいるのが、いま大量にルーブルを買っておいて、それを定期預金にしておくかどうか。なぜなら、利子は9%もつくので。

仮にいま、100万円分(71万ルーブル)突っ込むと、1年後には77万ルーブル。

 

しかし。いまルーブルを大量に持つと、「これ以上、ルーブルは下落してほしくない。なぜなら、私の(円での)資産価値が目減りするから」という心理が働く。

 

これは日常生活の心理と矛盾する。ふだんの買い物ではルーブルは安い方がいいに決まっているのだから。相矛盾する心理を持っていたくない。分裂症にはなりたくない。

 

二股三股でも、なんの痛痒も感じないのに、というかそれが常態なのに――リスクヘッジとかバランスとか言いながら――、カネの話になると分裂症をおそれるのは、私はどういう心理機制なのだろう。