読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

10月のもとで

モスクワから

おせんち

母子家庭で、中学高校と英語ができず、私立文系で、

就職活動をせず、フリーターで、たまたま名のある会社にもぐりこみ、

要領はよくて仕事ができて、名のある会社にひかれた聡明な女性と結婚して、

根が愚かなので離婚して、その後も仕事だけはできたから、モスクワに派遣された。

 

きょうは芝居にいくはずが、劇場の近くで一杯のつもりで飲んで、芝居にはいかずに飲み続け、売春宿にいき、ビアバーにいき、射精した後に女性から「いまからいっていい」の電話に「もう眠い」。

 

やっぱ結論は、小説かかなきゃ、か。