読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

10月のもとで

モスクワから

ゴッドファーザーと仁義なき戦い

コッポラの様式美もすごいが、貧乏くさい日本ヤクザも捨てがたい。

たぶん実際の様子は後者のようなんだけど、前者は「ある」と思わせる描き方が勝ってる。

ヤクザ映画のおもしろさは、新聞の政治面と同じ。

人間関係のごたごた。嫉妬とか面子とかが凝縮しているところにあるのだけど、

モスクワでヤクザ映画を見る意味はあるのかどうか、答えはまだわからない。