10月のもとで

モスクワから

ファイファーとサーマン

日々不明を恥じる。 スカーフェイスというデパルマとアルパチーノの名作ギャング映画を20年ぶりに見て、パルプフィクションの極道の妻ユマサーマンが、これのミシェルファイファー演じるゴクツマのパロディだったのに気づいた。 めんどいから説明しないけ…

潮目

10年やってると、潮目がなんとなく読めるようになる。 日本にいた最後では、いまや忘却の彼方の五輪エンブレム盗作問題。あー、もたないなと思った1週間後に、ごめんなさい、した。 きょう、潮目がわかった。1週間で辞める、舛添が。 きのうまでは、絶対…

なんでSNSに書かないか

なんで実名でフェイスブックに書かないか。 いや、ほんと、単純に怖いだけ。名前と組織名をだして、書くのが。 どこまで書くのがセーフで、どの一線をこえると炎上するのか、 全然読めないので。 「仕事を書かなきゃいい」と言っても、そんな単純じゃないじ…

ユーロとドーピング

〈ユーロ〉 サッカーの大会がフランスで始まるらしく、盛り上がってる。こちらでは。 ロシアは、欧州の一員らしく。 サッカーに興味ないので、ふーん、という程度なんだが、2年後、やんなきゃなんないのか、仕事で。めんどい。 ロシア語でいうと、欧州大会…

読書

日本にいたころより、日本語で本読んでる気がする、いや、正確にいうと、どうでもいい本を読んでいる。 きのうは風邪のため、ベッドで読書。 ①坂爪真吾「性風俗のいびつな現場」②浅羽通明「反戦・脱原発リベラルはなぜ敗北するのか」③松本清張「犯罪の回送」…

居酒屋

酔狂で、居酒屋放浪記的な本を買ってしまう。 モスクワにいて、それを買う意味は、まさに酔狂。 思い出話として、よく通っていた居酒屋 〈京都〉 まほろば・・・北山の鴨川のほとり。店内の暗さがいい。私事ながら、弟の名前と似ている。 あけぼの・・・東大…

アルコール問題

人生を破滅させるリスク要因は、そんなに多くない。 ①何度も書いている下半身 それか、②アルコール 困ったことに、わたしはアルコールの蓄積も、けっこうなレベルまできている。 自覚的に、じゅうぶん、依存症。 覚えている範囲では、これによる大きな問題を…

モリエールのタルチュフ

徳の高さを謳う僧侶がいる。それに金持ちはぞっこんになって全財産の寄贈はおろか、娘も結婚させようとする。回りはやめさせようと説得とするが、金持ち本人は聞く耳もたない。周囲の奸計のすえ、金持ちは過ちに気づく。最後は、国家権力によって僧侶はペテ…

陰毛。ではなく、部下

陰毛の話を書こうと思ったけど、次回に。部下の話。というか、部下を持ったことない話。当社は最初、支店に配属される。支店の3年目くらいで、新人の部下をもつのが普通。わたしはそれがなく、3年たって本社へ配属。本社でも3年ほどすれば部下を持てるの…

ニュースへのコメント

フェイスブックで、ニュースにコメントしている(ちょっとした。業界内では知っている人は知っている)ぷちぷち有名人がたくさんいる。 何様なんだろう、この人たち。ワイドショーのコメンテーターにでもなったつもりなんだろうか。 動機はわかんなくはない…

出世か下半身

たまには、形而上の話。生きる意味は?男児たるもの出世に決まってる。セックス以外にあるのかしら。突き詰めると、このふたつ以外にあるのか。ウェルベックが後者。バルザックが前者。ウェルベックは、わたしにとっては、バルザック並みに偉大。

出世

いまの会社に勤めて12年。これまでいわゆる出世なんか考えたことなかったのに、今年はじめて、考えてしまう。 自社の会社のことを具体的に書きたいところだけど。 自分のいた部に忠誠を尽くせば、その下の課長にはまあなれる。海外赴任してるわけなので、…

下半身問題のリスク

下半身問題は、どこかで自分を破滅させる。 仲の良かった先輩の話。同じように海外駐在経験者だった。 同じように離婚し、現地の若い美人と結婚。 駐在中はむろん、その手の売春店にいりびたり。日本より物価が安いので。 妻と子どもを連れて帰国した後も相…

ロシアよいとこ、一度はおいで

フォーククルセターズの歌。 まじで、ロシアいいとこ。姉ちゃんはきれいで。 しかも、またはゆるい傾向にある。 ある程度のロシア語力さえあれば、ほぼだれでも、若いロシア美女といい思いができる。 その「ある程度」に、1年くらいはかかるんだけど、 それ…

「なんでアメリカが好きなの?原爆落とされたのに」

歴史的な広島訪問なので、この機会に。 ロシア人によく聞かれる質問のトップは 「なんで日本はアメリカが好きなの?原爆落とされたのに」 戦後の日本の成り立ち方からみると、本質的な質問だろう。 答えのバリエーションはいろいろあるのだけど、大事なのは…

金持ち気分

生まれて初めて、自分が金持ちになった気分にひたる。 東京に住んでいるときは、年収1000万円近くあり、そのうえ独身貴族だったので、本来なら余裕あるはずなのに、全然裕福じゃなかった。台東区に暮らし、家賃と貯金(5万円)を引いて月に30万円超の…

捕虜交換

おもろい。 21世紀の世の中で、こんなのを目の当たりにできるなんて。 きのう、ウクライナの女兵士と、ロシアの元兵士2人が捕虜交換された。 スピルバーグの「ブリッジ・オブ・スパイ」みたいな話。 これは冷戦時代の米ソの捕虜交換だったが、現代でもや…

惰性

人生のパターン 惰性a→飽きる→惰性b→飽きる→子ども→やっぱり飽きる→惰性c→死でも考える aとbの変数は、仕事とか家族。 さて、cもあるはずだが、わたしは知らないので、知りたい。 なにかないもの?子ども、セックス、賭博、アルコール以外に?

やだやだ。組織。

やだやだ。この言葉は、他者にたいしてというより、自らに発することのほうが多い。少なくとも、わたしの場合は。 やだやだ、役員人事を気にしているわたしを。 入社5年目くらいまでは、役員の顔なんか全然しらなかったのに、 今回の役員人事のリストをみる…

責任とって辞める

トップの結果責任の取り方は、辞任すること。それ以外ない。 でも、いつも思う。 天皇、やめてねーやん。結果責任とってねーやん。負けたのに。2000万人以上死んでるのに。 社長や知事になって、「なんで出処進退を明らかにしないんですか?」と問われた…

デブになったゴルビー

高齢になって太るパターン。 ゴルバチョフ。 しかしまだ若く、85歳。 エリザベスやナベツネより5歳も下。

ヤクザ映画

東映、深作の「北陸代理戦争」。松方主演。 舞台は福井。 隣の京都と滋賀で生まれ育ったわたし。 なのに、3割くらいセリフが聞き取れない。 なにが言いたいかというと、ロシア語の映画を全部わかるようになるには、夢のような話ということ。 ちなみに、この…

旅行での風俗

ドイツ、イタリア旅行での、表題を忘れてた。人気旅行国なので、書く意味ないわいな。ミュンヘンでは、裸で酒のみながら選べるクラブ。飲んでるだけで楽しい。イタリアではそうした場所にいかず、呼ばず。報告する意味があるのか?

下半身

ある上司がわたしに言った。「おまえは下半身でものを考えてる」。関西弁だったから、「下半身で考えてんやな」だったか。 おっしゃる通り。 その観点からだと、ロシアは天国。 具体的に書くと……。うーん、自らの醜さを書けてこそ一人前だが、まだそこまでさ…

鯛か鰺か

モスクワのスーパーで買った魚をさばいて、刺し身で食べた。 これまで鮮度の観点から敬遠していたが、耐えられず。 三枚におろし、半身は焼いた。鰺のよう。 骨と頭はあら汁に。うまい。 もう半身は、昆布じめに。これがまたひどくうまい。鯛やヒラメのよう…

実存

60~70年代にはやっていた言葉。 実存主義の哲学史での位置づけもあるのだけど、それはとりあえず措いて。 言葉の用法としては、「きみの実存はいったいなにかね」「なんのために実存しているのか」みたいに使っていた。 「生きる意味」とか「レゾンデー…

ソ連。教養というか最大公約数というか世代ギャップ

たまに驚く。若い人と話していると。 ロシア滞在歴1年超の24歳の日本人男性が、1991年のゴルバチョフ監禁クーデターを知らなかった。ロシアに関心ない24歳ならわかる。生まれる前だもの。 でも、ロシアに関心あって知らないって……。 まあ、ありか。…

イタリア。血じゃなく、栄養

イタリアとドイツに旅行。 イタリア娘は、ロシア娘よりおっぱいが大きいという観察結果。統計的に調べてみる気はしない。 今夜、イタリアが4分の1入っているロシア女性と飲んだが、スイカップ。 びっくりしたのは、ベンツで来て、帰りに送迎してもらった。…

手塚治虫とプーシキン

日本文化でも説明しようと、手塚治虫は「プーシキン並みに偉大」と私は説いた。ロシア人は納得してくれる。プーシキン記念大学、プーシキン通り、プーシキン記念日……と、たとえ読んでなくても国民的に偉大とされている。 さて逆。現代日本。プーシキンってだ…

警官一家6人殺害事件

真夜中に警察幹部宅に何者かが侵入、警察幹部夫妻や両親を含む6人を鈍器で惨殺。 犯人は逃走。7歳の娘は一命をとりとめ、意識不明の重体。 ――という事件が、この日曜に発覚した。 おもしろいというと怒られるが、日本で起これば、大報道なのは間違いない。…