10月のもとで

モスクワから

同棲

同棲を始めた。だれかと暮らすのは、6年ぶり。日本語で仕事しているので、このままだと言葉が身につかないのではないかという危機感から。でも、愛情に基づくものではなく、契約に基づく同棲というか同居。要するに給与を払っている。語学教師兼家政婦兼売…

「先生」

独身で余裕があるためか、年齢とともに堕落の度合いを増している気がする。 いま、ロシア語の「先生」が3人ほどいる。どれも20歳そこそこの美人。 それぞれ週に1回計4時間ほどで、レッスン代は1万5000円。 ご飯たべて、それから、という流れ。 計…

ゴジラとインディペンデンスデイ2

飛行機に乗って、ぐでんぐでんになりながら、表題のふたつの映画を立て続けに。われながら、アホこのうえない。エイリアンが襲ってきて地球防衛隊が守るという同じテーマ。前者は核兵器使用を阻止する話で、後者はばんばん使いましょうよと。 インディペンデ…

奇遇

元妻の元カレとモスクワで飲んだ。出張してきたらしく。8年前に元妻との結婚式の三次会で、渋谷の元遊郭のいまは鉄板焼屋で彼と一度飲んだ。ぼくは彼のことをまったく忘れていたが、先方は覚えていた。たまたま彼が出張で、モスクワに来ていた。

肩書'

肩書が大好きだ。俗人なので。みんなと同じように。 FXというギャンブルをやっていると、これまで知らない肩書に出合う。ブルームバーグの記事。 「サンフランシスコ連銀総裁」。 アメリカの連邦銀行(FRB)の一番偉い人は、「議長」。 なのに、連邦銀行サン…

国柄

意味のわからない言葉というのは、たまに出くわす。 右派がいう「国柄」も、最初よくわからなかった。 人柄はあっても、国に柄はないだろう、と思っていた。 右派連中にとっては、現在さすがに「国体」は使えないので、という苦し紛れなんだろう。 同じよう…

相場報道

これまで全然どうでもよかったけど、自分が相場をやってると、報道で相場が動くのがよくわかる。 でも、ネットだけだと、書き飛ばしているのか、記者に自信があるのか、あまりわからない。だから価値判断が難しい。にもかかわらず、相場は動く。 日経が1面…

相模原事件。「不名誉な死」なのか。

19人が死んだ。戦後史に残る大事件だ。 しかし、警察は被害者名を発表しないという。 マスコミの建前。「実名発表しないなんてけしからん。個々人の顔の見える被害を明らかにしないと、事件の悲惨さが伝わらず、再発防止につながらない。発表しないなんて…

コニャック

コニャックは、葡萄から。 アルメニアというコーカサスの国があり、コーカサスというのは、ロシアの南で、 黒海とカスピ海に挟まれた地域で、トルコの西で、イランの北なのだが(こう書いてもだれもわかんないんだろうが)、ちなみにそれはカフカスとも呼ば…

自分を変える。FX。賭博しない人間から、する人間へ

人間は、たいてい惰性で生きている。これまでの習慣を後生大事にする。 自分で自分を規定し、「これが自分だ」とうそぶき、つまり、傷つかない言い訳を用意し続ける。 でも、それは、新しいことに挑戦しない怠惰な人間だ! こんな物言いはよくある。 そんな…

天皇退位

久しぶりの大ニュース。日本時間14日午前4時現在で、各報道機関のネットニュースを読んだ限りでの感想。 始まりはNHKの午後7時のニュース。ここでのトップニュースで「退位意向」と放った。「天皇が近く、自分の意見を国民に公表する方向で調整」。あ…

外国語劣等生

十数年ぶりに学生をして、気づく。 来ている日本人留学生たちは、語学エリートやん。 東京外大とか上智とか神戸外大とか。彼らは、高校まですっごく英語ができたから、そんなところに進んでいるのだろう。 一方、わたしは、高校のとき英語偏差値は40だった…

辞書死ね

掻き出し夫、甘藍、止血帯、不行状…… マニアックな話。 ロシア語の電子辞書の見出しだ。 訳語をさらに国語辞典で引かなきゃわかんない例。 マイナー言語の悲しさとして、電子辞書になっているのは1種類(三省堂)しかなく、最後の改訂は2003年にもかか…

選挙

あした、国政選挙だが、この日に仕事しない。過去12年で初。 しかし、投票できない。在外投票権はあるのだが、そのためには大使館に居住登録の申請をしなきゃなんない。億劫でやってない。 盛り上がってないし、結果もわかってるし、まあ、いいや。 共産党…

モスクワ礼賛

「スパイ映画でしか知らない連中に告げておく。モスクワを見てから、死ね」(アントン・チェーホフ) 夜遊びが好きな人にとって、モスクワは一長一短だ。夏は午後10時ごろまで明るい。でも冬は4時には真っ暗。緯度が高いというのは、そういうこと。つまり…

過去10か月

昨年9月にモスクワに来て、10か月。月別の行状。 2015年 9月:買い物に明け暮れる。生活用品をそろえなければ。 10月:飲み屋とレストランめぐり。おいしい店を知らねば恥ずかしい。 11月:芝居小屋めぐり。レベル高いやん。学生なんやから、演…

ダーチャ

金曜の夜から日曜夕方までダーチャを訪ねた。初。セフレというか彼女というか女友達の。 ダーチャは、庭つき別荘というか庭つき小屋。連中は庭いじりが大好き。 モスクワ中心部から電車で1時間、さらに車で15分。八王子や高尾のイメージか。 300万ルー…

小人閑居して不善をなす

座右の銘。 この1年、学生に戻って、要するに、閑居して、思った。 このことわざは、より正確には、小人閑居して「いっそう」不善をなす、だ。 東京にいたころ、世間的には忙しい仕事だったが、不善はいっぱいなしてきた。簡単にいうと、セックスと酒だが。…

中国もの2つ

朝日の中国特派員の峯村の「十三億分の一の男」、読売を辞めた中国総局長の加藤の「習近平暗殺計画」。 立て続けに、新聞社の特派員による中国もの、つまり習近平もの2つを読んだ。 つかんでいる情報の質と量は、ほぼ変わらない、というか、読売の方が上。…

故意に音信を絶った親友

大学のときの親友。京都の話。時期は世紀をまたぐごろ。 彼は神奈川出身の京大生で、学生寮に住んでいた。わたしは立命館大学生だった。 彼は学生劇団を設立し、輪の中心だった。 皮肉ばかり言っていたが、野心を隠しはしなかった。 いわゆる立身出世ではな…

奨学金

大学卒業後、14年ほどたつが、まだ返してる。無利子だし、と、月々の返済額が最も低いやつ。 返済が終わるころに介護保険が始まるのだろう。国の制度設計はよくできてる。 住所変更を届け出よ、と貸し主の独法から連絡。ネットでも変更できるとのことで自…

ジェームス三木

本業とか業績はだれも覚えてないけど、ひとつのエピソードだけで記憶に残る人はいる。 ジェームス三木のセックス記録手帳、たこ八郎の心臓マヒ水死。 この手のやつで、好例あればご教示を。 ジェームス三木的なのは何度もやろうと思うけど、めんどくさくて結…

春はあけぼの、夏はモスクワ

夏のモスクワはすばらしい。 こんな眺めのモスクワ川沿いのオープンテラスバーでビール。東京で隅田川より映える。 蒸し暑くなく、しかも、夜10時過ぎまで明るい。

フェイスブックに初書き込み

フェイスブックに書き込んだ。異動のあいさつを除くと、初めて。 動機は、知人たちに忘れられないよう。仕事上、人脈は大事。 書き込み・投稿についての10戒 1飲酒時は絶対に書き込むことなかれ 2スマホから書き込むことなかれ 3当たり障りない話だけを…

風呂屋

風呂屋にきた。湯がでないので、しゃーなく。湯船はない。サウナとシャワー。あとは、アカすり(みたいやつ) サウナ、豪華な脱衣所でビール、サウナ、またビール、またサウナ、ウォッカ、またサウナ。 要は飲みつつ、サウナを往復できる。ええやん。はまり…

金持ち陥落

すっかり金持ち気分でいたが、全然そんなことないのに気づいた。 給与は円で日本の銀行口座に振り込まれるので、それをルーブルにしなきゃならない。手数料が最も安いのはクレジットカードのキャッシングなので、ATMで下ろす感覚でばんばん借金していた。当…

テキトー

昔からテキトーな人間だった。 初デートでセックスして、結婚した。子どもはできなかったが。 まず、ひとつのテキトーの例。 わたしのテキトーなプレゼンによって、ある企業の株式時価総額が2000億円さがったことがある。たとえテキトーでも大筋あってた…

脂たっぷりベーコン

西洋にはたくさんある。日本のスーパーにはあんまりないが。 脂肪の塊なので、食べるものではなく、脂というかダシをとるための食材だろう。この動物脂は、うまみたっぷり。 おすすめレシピ。「チーズなしカルボナーラ」。ふつうのカルボナーラに比べて少し…

断ガス、風呂なし

点検とか修理とかのために、10日間、ガスがない。 要は、風呂なしで10日すごせ、と。 ありえん、と思うが、周囲に聞くと、フツ-らしい。 家庭教師の唱える対策法; ①水シャワー②電気コンロで湯をわかして、風呂場にもっていく。 ①は20年近く前、京都…

蟹か中古車か

自分の会社が今後20年もつかはわかんない。10年はもちそうだけど。 後付けだけど、路頭に迷わないためにはロシアでよかった。 4年も5年もロシアにいれば、ロシア語完璧にできれば、会社つぶれても、中古車とか蟹のブローカーには雇ってもらえるような…

ファイファーとサーマン

日々不明を恥じる。 スカーフェイスというデパルマとアルパチーノの名作ギャング映画を20年ぶりに見て、パルプフィクションの極道の妻ユマサーマンが、これのミシェルファイファー演じるゴクツマのパロディだったのに気づいた。 めんどいから説明しないけ…

潮目

10年やってると、潮目がなんとなく読めるようになる。 日本にいた最後では、いまや忘却の彼方の五輪エンブレム盗作問題。あー、もたないなと思った1週間後に、ごめんなさい、した。 きょう、潮目がわかった。1週間で辞める、舛添が。 きのうまでは、絶対…

なんでSNSに書かないか

なんで実名でフェイスブックに書かないか。 いや、ほんと、単純に怖いだけ。名前と組織名をだして、書くのが。 どこまで書くのがセーフで、どの一線をこえると炎上するのか、 全然読めないので。 「仕事を書かなきゃいい」と言っても、そんな単純じゃないじ…

ユーロとドーピング

〈ユーロ〉 サッカーの大会がフランスで始まるらしく、盛り上がってる。こちらでは。 ロシアは、欧州の一員らしく。 サッカーに興味ないので、ふーん、という程度なんだが、2年後、やんなきゃなんないのか、仕事で。めんどい。 ロシア語でいうと、欧州大会…

読書

日本にいたころより、日本語で本読んでる気がする、いや、正確にいうと、どうでもいい本を読んでいる。 きのうは風邪のため、ベッドで読書。 ①坂爪真吾「性風俗のいびつな現場」②浅羽通明「反戦・脱原発リベラルはなぜ敗北するのか」③松本清張「犯罪の回送」…

居酒屋

酔狂で、居酒屋放浪記的な本を買ってしまう。 モスクワにいて、それを買う意味は、まさに酔狂。 思い出話として、よく通っていた居酒屋 〈京都〉 まほろば・・・北山の鴨川のほとり。店内の暗さがいい。私事ながら、弟の名前と似ている。 あけぼの・・・東大…

アルコール問題

人生を破滅させるリスク要因は、そんなに多くない。 ①何度も書いている下半身 それか、②アルコール 困ったことに、わたしはアルコールの蓄積も、けっこうなレベルまできている。 自覚的に、じゅうぶん、依存症。 覚えている範囲では、これによる大きな問題を…

モリエールのタルチュフ

徳の高さを謳う僧侶がいる。それに金持ちはぞっこんになって全財産の寄贈はおろか、娘も結婚させようとする。回りはやめさせようと説得とするが、金持ち本人は聞く耳もたない。周囲の奸計のすえ、金持ちは過ちに気づく。最後は、国家権力によって僧侶はペテ…

陰毛。ではなく、部下

陰毛の話を書こうと思ったけど、次回に。部下の話。というか、部下を持ったことない話。当社は最初、支店に配属される。支店の3年目くらいで、新人の部下をもつのが普通。わたしはそれがなく、3年たって本社へ配属。本社でも3年ほどすれば部下を持てるの…

ニュースへのコメント

フェイスブックで、ニュースにコメントしている(ちょっとした。業界内では知っている人は知っている)ぷちぷち有名人がたくさんいる。 何様なんだろう、この人たち。ワイドショーのコメンテーターにでもなったつもりなんだろうか。 動機はわかんなくはない…

出世か下半身

たまには、形而上の話。生きる意味は?男児たるもの出世に決まってる。セックス以外にあるのかしら。突き詰めると、このふたつ以外にあるのか。ウェルベックが後者。バルザックが前者。ウェルベックは、わたしにとっては、バルザック並みに偉大。

出世

いまの会社に勤めて12年。これまでいわゆる出世なんか考えたことなかったのに、今年はじめて、考えてしまう。 自社の会社のことを具体的に書きたいところだけど。 自分のいた部に忠誠を尽くせば、その下の課長にはまあなれる。海外赴任してるわけなので、…

下半身問題のリスク

下半身問題は、どこかで自分を破滅させる。 仲の良かった先輩の話。同じように海外駐在経験者だった。 同じように離婚し、現地の若い美人と結婚。 駐在中はむろん、その手の売春店にいりびたり。日本より物価が安いので。 妻と子どもを連れて帰国した後も相…

ロシアよいとこ、一度はおいで

フォーククルセターズの歌。 まじで、ロシアいいとこ。姉ちゃんはきれいで。 しかも、またはゆるい傾向にある。 ある程度のロシア語力さえあれば、ほぼだれでも、若いロシア美女といい思いができる。 その「ある程度」に、1年くらいはかかるんだけど、 それ…

「なんでアメリカが好きなの?原爆落とされたのに」

歴史的な広島訪問なので、この機会に。 ロシア人によく聞かれる質問のトップは 「なんで日本はアメリカが好きなの?原爆落とされたのに」 戦後の日本の成り立ち方からみると、本質的な質問だろう。 答えのバリエーションはいろいろあるのだけど、大事なのは…

金持ち気分

生まれて初めて、自分が金持ちになった気分にひたる。 東京に住んでいるときは、年収1000万円近くあり、そのうえ独身貴族だったので、本来なら余裕あるはずなのに、全然裕福じゃなかった。台東区に暮らし、家賃と貯金(5万円)を引いて月に30万円超の…

捕虜交換

おもろい。 21世紀の世の中で、こんなのを目の当たりにできるなんて。 きのう、ウクライナの女兵士と、ロシアの元兵士2人が捕虜交換された。 スピルバーグの「ブリッジ・オブ・スパイ」みたいな話。 これは冷戦時代の米ソの捕虜交換だったが、現代でもや…

惰性

人生のパターン 惰性a→飽きる→惰性b→飽きる→子ども→やっぱり飽きる→惰性c→死でも考える aとbの変数は、仕事とか家族。 さて、cもあるはずだが、わたしは知らないので、知りたい。 なにかないもの?子ども、セックス、賭博、アルコール以外に?

やだやだ。組織。

やだやだ。この言葉は、他者にたいしてというより、自らに発することのほうが多い。少なくとも、わたしの場合は。 やだやだ、役員人事を気にしているわたしを。 入社5年目くらいまでは、役員の顔なんか全然しらなかったのに、 今回の役員人事のリストをみる…

責任とって辞める

トップの結果責任の取り方は、辞任すること。それ以外ない。 でも、いつも思う。 天皇、やめてねーやん。結果責任とってねーやん。負けたのに。2000万人以上死んでるのに。 社長や知事になって、「なんで出処進退を明らかにしないんですか?」と問われた…